不感症の治療に用いる薬剤

そもそも男性の方に起きる勃起不全を治療目的として販売が行われているED治療薬ですが、女性用バイアグラとして販売が行われている後発薬が有り、血流を良くし血行を促進する事により膣の乾燥やオルガズムに達しないといった不感症の症状を改善する事が出来るとしているラブグラとは、海外医薬の一つで男性の方と同一シルデナフィルクエン酸塩を含有しており100mgのみの用量規格とされ内服の方法や注意事項等も同様とされ性交前に内服する事で女性の方の性交を充実したものに変えてくれるとしています。
不感症の改善にシルデナフィルを用いる事は従来までは効果が認められていない事から男性の方専用とされてきましたが、最近になり行われた臨床試験では50人を対象に成分投与を行った所、膣液の分泌が増加し膣の乾燥を改善し潤いが出る事やオルガズムに達し易くなるという結果が出ており、女性用バイアグラとしても使用する事ができ、不感症を改善させる事が出来るとされる説が有力となりつつ有り、ラブグラ等の女性用バイアグラは未確認としていますが成分が同一で有る以上は改善効果を期待する事が出来ると考えられます。
ラブグラの作用としては、男性の方同様に体の中に存在している酵素の一つとされる5型のホスホジエステラーゼを阻害する事により体内分泌されるNOが優位性を高める事で血管が弛緩され血行を促進出来るとされ、陰核やその周囲への血流を促進する事により上記記載の効果を得る事が出来るとされ、快感を得る事が出来無い原因の多くは冷え性等の体質により起こるともされているので血行を促進する事は体を温める事に繋がるので症状を改善出来るとされています。
内服は成分自体が腸による吸収とされるので十分な効果を期待するのであれば空腹が望ましく、アルコール類は少量であれば気持ちを落ち着かせる事が出来るので問題は無いされ、目安として血中での成分濃度が最も濃くなるのが一時間とされているので事前に内服する事が望ましいとされています。